男性は30歳を超えたあたりからふと髪の毛のことが気になってしまいますよね。そこで調べるのが育毛剤ですが種類が多すぎてどれを選んだらいいかわからないですよね。ここでは育毛剤を選ぶ手助けができればと書きますので参考にしてください。

育毛剤選び方

育毛剤はしっかり成分を見て選ぶことが大事です。育毛で一番大切なのは抜け毛や薄毛の原因を抑えることです。いくら髪を育てる成分を送っても根っこが弱っていては生える髪の毛もはえてきません。ですので、まずは抜け毛と薄毛の対策をしましょう。

View more

髪の毛が抜けるのは男性ホルモンが原因

額や頭頂部分の髪が薄くなる男性型脱毛症の原因は、男性ホルモンが原因です。悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンが脱毛作用を促し、薄毛を進行させていきます。そのため、薄毛を食い止めるには数ある育毛…

男性ホルモンを抑制する成分を摂取する

薄毛を食生活から改善していく場合、どんな食べ物を摂っていけばよいのでしょうか。育毛剤などの効果に期待することも大切ですが、それをサポートするには体質から改善していかなければなりません。特に、男性ホ…

副作用がないかを確認

育毛剤は、クリニックの薄毛治療で使われる内服薬と比べて副作用のリスクが低い傾向がありますが、人によって使用中に頭皮に痒みや痛みなどの症状が現れることがあり、慎重に商品選びをする必要があります。特に…

育毛剤の女性用はどんな特徴がある?

育毛剤の女性用は女性ホルモンの働きを助ける成分が含まれているものが多く、無添加やアルコールフリーのタイプであったり、保湿力が高い特徴があります。

髪を育てる育毛成分

View more

単一の成分より複数成分

自分の症状をよく観察する

医学的に認められた有効成分を使う

購入する際は有効成分をチェック

薄毛や抜け毛の悩みを解消するためには頭皮や毛根を健康に保っておきたいところです。 そのためには頭皮ケアは大事ですが、手軽に行える方法としては育毛剤の利用があげられます。育毛剤は多くの種類がありますが、やはり有効成分はしっかりとチェックしておきたいところです。 医学的に認められた有効成分だと安心感がありますが、代表的な成分としてはミノキシジルやフィナステリドがあげられます。 こうした成分が配合された育毛剤は医療機関で処方してもらうことができますので、AGAクリニックに相談してみましょう。 この他にもヒノキチオールやセンブリエキス、血行促進に役立つビタミンEなども多くの育毛剤に選ばれている成分です。 そして、成分が浸透しやすい工夫が行われているかもチェックしておきましょう。

正しい使い方を守ろう

いくら優れた成分が含まれた育毛剤も間違った使い方ではせっかくの効果を十分に発揮することはできません。 頭皮が汚れていたり、毛穴が詰まっている場合は、成分を十分に浸透させることはできませんので、まずは洗髪で丁寧に汚れを落としておくことが大事です。 それから量が少なすぎたり、逆につけ過ぎることも良くありませんので、使用量も守るようにします。 髪には毛周期がありますので、良い育毛剤を使っていても、すぐに結果が出るわけではありません。結果を焦らず根気よく続けていくことも大事です。 さらに、頭皮に刺激がある、肌が荒れてしまうという場合はその商品は合っているとは言えませんので、選び直してみましょう。 性別によっても合う商品は違いますので、こちらも忘れずにチェックし性別に合う商品を選ぶようにします。